FC2ブログ

咲也

Author:咲也
女性
本屋さん大好きで長時間いても飽きません。
ゆえに危険(笑)
これから読む本がたくさん積んである休日前の夜は至福の時です♪
リンクフリーです。

プロフィール
おすすめリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,915 水底フェスタ

水底フェスタ




いきなり寒いですね!
GWに整理した冬もののパーカーをひっぱりだしてはおっております。
電車内では風邪っぽいかたも見かけます。
寒暖の差が激しいですが暖かくして体調には気をつけてまいりましょう。

さて、辻村深月さんの小説「水底フェスタ」を読みました。


自然を切り崩し、ロックフェスを誘致する以外に取柄もない山村。田舎特有の、窒息しそうな閉塞感に苛立つ高校生の広海は、突然村に戻ってきた地元出身の有名モデル・由貴美と出会い、囚われてゆく。ある晩彼女から「村への復讐に協力してほしい」と持ちかけられ、広海は求めに応じるが、実は由貴美には“真の目的”があった。そしてフェスの夜、取り返しのつかない事件が二人を襲う──。


忙しくしていたので、ちょっとずつ読み進めていたのです。
高校生の広海(男子です)目線で。

音楽フェスの開催される村、穏やかな父にちょっと過保護気味の母、自分に思いを寄せる幼馴染、その子を好きな友達、東京から転入してきた素行に問題があるけどウマの合う同級生。
ちょっとだるくて平和な日常の中に村を出て芸能人になっていた由貴美がやってきていい感じの雰囲気になる。

うんうん、青春してるじゃん広海くん。

…と中盤までのほほんとした気分で読んでいたら、一転雲行きがあやしくなり、どんどんオセロのコマがひっくり返るように、それぞれの真実があぶりだされ、自分の見てきたものはなんだったんだ?どう動けばいいんだ!?と無力な気分を広海と一緒に満喫(?)してラストまで駆け抜けました。

閉塞感のある村的ミステリーも多々読んできましたが、久々にやるせない気持ちになりましたよ。
男子高校生気分で読んでいたので、大人ひでぇ~!女こえ~!ってな気分も味わえました(笑)

気持ちは上がるものではないけれど、物語としてはおもしろかったです。



スポンサーサイト

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 咲也の「本棚は今日も満杯」
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。