FC2ブログ

咲也

Author:咲也
女性
本屋さん大好きで長時間いても飽きません。
ゆえに危険(笑)
これから読む本がたくさん積んである休日前の夜は至福の時です♪
リンクフリーです。

プロフィール
おすすめリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,913 ゴールデンカムイ 1~13

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)




以前からマンガ読みな人やAmazonのおすすめコーナーにプッシュされ目に入っていたし、マンガ1話めの試し読みも読んでおもしろそうだなぁと思ってはいたものの手をこまねいていた野田サトルさんの「ゴールデンカムイ」、アニメ化もしたので1話をまず見てみました。

数日後に本屋さんで既刊13巻まで大人買いしちゃったよ~ん!

私わっくわく、本屋さんのお姉さんも親切でした(笑)
大人ってすばらしい!

で、「ゴールデンカムイ」の感想行きます。


『不死身の杉元』日露戦争での鬼神の如き武功から、そう謳われた兵士は、ある目的の為に大金を欲し、かつてゴールドラッシュに沸いた北海道へ足を踏み入れる。そこにはアイヌが隠した莫大な埋蔵金への手掛かりが!? 立ち塞がる圧倒的な大自然と凶悪な死刑囚。そして、アイヌの少女、エゾ狼との出逢い。『黄金を巡る生存競争』開幕ッ!!!!


結構ハードな話で情報量も多いです。

休日だったら眠らずに一気読みを…と思ったのですが、脳の情報整理のためか数冊読むと異様に眠くなるし(読書も体力いりますよね)一気に読むのももったいないかな、と楽しみに少しずつ読んでおります。

既刊がすべて手元にある安心感。いつでも読めるってすてき。
じわじわと読む楽しさを味わってます。

昔、小説家の田口ランディさんのイベントでアイヌのシャーマン、アシリ・レラさんに握手してもらったり、風水の方位取り旅行にハマっていたときに北海道ツアーでアイヌのカムイコタンに行ったり網走刑務所の前をバスで通ったり、五稜郭行ったり幕府軍や新政府軍の墓参りをなぜかしたり、NHKのドラマでやってた「坂の上の雲」シリーズの日露戦争・旅順攻略戦のところが重くて録画見るのつらいな~進まないな~で止まっていたり…(このマンガ読んでちょっとまた見る気おきました)

意外と過去に下地がそこそこあったのでそれを芋づる式に思い出しつつ、興味深く読みすすめております。

主人公の杉本、鬼強いのですが筋の通った所もあり、縁あって旅をともにするアイヌの少女アシリパを「アシリパさん」と丁寧に呼んでいるところも好感が持てます。
(どんどん増えてく登場人物の中ではかなりマトモな人だ)

アシリパさんも(つられて「さん」付け呼び)ひぐまを筆頭に狩りがうまく魅力的に描かれているし、彼女を通して語られるアイヌ文化や狩りで食べるものの美味しそうな描写など見どころも満載です。

莫大な黄金をかけた男たちの戦いでもあるので、戦闘シーンは痛そうだしある意味猟奇的な所もあるのですが、動物を狩って毛皮や肉や内臓を余すところなく神に感謝していただくアイヌの人々を見ていると、和人の動物的なところもまた自然のサイクルのうちなのか…?また、あの時代の列強の国々に肩を並べようとしていた日本人の荒々しい部分の表現なのだろうなぁ、となんとなく慣れとか納得できるような気持ちになってくるのでした。

北海道の雄大さや物語のスケール感が救いになっているところもあるかなぁ…。

笑えるエピソードも盛り込まれているところも魅力の1つですね。

アニメからがとっつきやすいと思いますが、マンガ本編読んでるとアニメ化して大丈夫なの?というエピソードもあり薄まってしまう恐れもなきにしもあらずなので、ご興味あるかたは原作本編をおすすめいたします。
人気の理由がよくわかりました。
そしてまた北海道旅行したくなりました!

アニメ公式HPゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ コミック 1-13巻セット




スポンサーサイト

咲也さん ご無沙汰しております。
私は、この作品あまり興味がなかったのですが、一話目からストーリーの展開が早く、今も見続けています。
おそらくは咲也さんが書かれているように、情報量の多さと特異性をどう描写するのかが、このアニメのポイントの一つになると思っています。上手に描いてくれるといいですね。
2018/05/08 Tue 20:30*SnowBlack URL [ Edit ]

SnowBlackさん

いつもコメントありがとうございます。
私はアニメ版1話目は見られたものの続きの録画に失敗してしまい今に至っています。
どこか配信系で見られるといいなぁ!
アニメはすごく丁寧に作られている印象を受けたので、期待に応えてもらえそうですよね。
マンガ版も来月あたり新刊が出そうですが、まだまだ楽しめそうですよ。
2018/05/09 Wed 15:50*咲也 URL [ Edit ]

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 咲也の「本棚は今日も満杯」
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。