FC2ブログ

咲也

Author:咲也
女性
本屋さん大好きで長時間いても飽きません。
ゆえに危険(笑)
これから読む本がたくさん積んである休日前の夜は至福の時です♪
リンクフリーです。

プロフィール
おすすめリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,912 太陽の坐る場所

太陽の坐る場所 (文春文庫)




ハマって読んだ長編マンガ群のご紹介を…と思っていたのに、うっかり手を出したら止まらなくて読み終わってしまった、辻村深月の小説「太陽の坐る場所」の感想を行きます!


今年もあの子はクラス会に来なかった――。高校卒業から十年。元同級生たちの話題は、人気女優となったキョウコのこと。クラス会に欠席を続ける彼女を呼び出そうと、それぞれの思惑を胸に画策する男女たちだが、一人また一人と連絡を絶ってゆく。キョウコがかたくなに来ないのはあの頃の出来事が原因なのか…...? 思い当たるのは、幼くも残酷だった日々の出来事。謎に迫るうちに、えぐりだされる過去の傷。教室内の悪意や痛み、十年後の葛藤、挫折そして希望を鮮やかに描く。


かつてのクラスメイトたち、それぞれの道を歩みながらも女優として活躍しているキョウコを遠くで見つめ、彼女を軸にしてそれぞれの思惑が交錯します。
4人の女性と1人の男性目線で、5つのブロックからその当時のクラスの人間関係と彼らの現在が語られていきます。

要となるのが響子と彼女の女友達なのですが、外縁からだんだんと中心部へ迫っていく構造になっているので、輝いてカリスマ性のある少女を見つめていたそれぞれのキャラクターの学生時代の想いもわかって興味深く読み進められました。

アマテラスの神話、天の岩戸、アメノウズメがベースにキョウコの女優の仕事や過去の出来事、女王のようにクラスに君臨していた響子、彼女たちの恋愛がらみのいざこざや友情などいろいろと仕掛けが張り巡らされているので、途中であれっ?と読んで進んでいくと見事にだまされていた自分に気づき、面白嬉しい気持ちになりましたよ!

最後には希望の感じられる終わり方で後味もよかったです。

これはどちらさまも機会があったら読んでみてほしいなぁ!

そういえばこの作品は映画化もされたのでした。
どんな感じになったのか、見てみたいなぁ。

太陽の坐る場所 [DVD]




スポンサーサイト

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 咲也の「本棚は今日も満杯」
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。