FC2ブログ

咲也

Author:咲也
女性
本屋さん大好きで長時間いても飽きません。
ゆえに危険(笑)
これから読む本がたくさん積んである休日前の夜は至福の時です♪
リンクフリーです。

プロフィール
おすすめリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,878 繕い裁つ人1~6

繕い裁つ人(1) (KCデラックス Kiss)




またまたたいへんご無沙汰しておりました。
ちょっと忙しかったのがひと山こえて魂はみ出てたら台風が通過していったな、な8月上旬であります。
残暑お見舞い申し上げます。

ゆっくりとホッとできるものが読みたいなぁ、と池辺葵さんの漫画「繕い裁つ人」全6巻を読んでいました。


祖母の志を受け継いで、その人だけの服、一生添い遂げられる洋服を作り続ける。そんな南洋裁店の店主・市江と、彼女の服を愛してやまない百貨店企画部の藤井。微妙な距離感を保ちながら関わる二人と、服にまつわる人々の思いを描き出す、優しい優しい物語です。


ゆっくり、とかホッと、とか優しい、という言葉が似合う絵柄やお話なのですが、反面、職人としての筋の通った仕事ぶりやその姿勢、服に対する想いや祖母の代から受け継いできたものの重み、そのために捨ててきたものなど、甘いだけではない味わい深いエピソードの数々が積み重ねられていて、とても豊かな物語だなぁと思いました。

気に入った服を長く大切にして着ること。
装うということについても前向きに考えさせられます。
服をめぐるいろいろなひとの想いにも惹きつけられました。

女性だけでなく男性にも、一息つきたいときにおすすめな作品であります。

繕い裁つ人 コミック 全6巻完結セット




映画にもなっているので、こちらも近いうちに観たいと思います。

繕い裁つ人 DVD





スポンサーサイト

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 咲也の「本棚は今日も満杯」
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。