FC2ブログ

咲也

Author:咲也
女性
本屋さん大好きで長時間いても飽きません。
ゆえに危険(笑)
これから読む本がたくさん積んである休日前の夜は至福の時です♪
リンクフリーです。

プロフィール
おすすめリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,873 リバース

リバース (講談社文庫)




湊かなえさんの小説「リバース」を読みました。


深瀬和久は平凡なサラリーマン。自宅の近所にある“クローバー・コーヒー”に通うことが唯一の楽しみだ。そんな穏やかな生活が、越智美穂子との出会いにより華やぎ始める。ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか―と。


こちらドラマ化されてましたよね。
興味はあったのですが、1話目の録画に失敗したために見るのはあきらめました。
で、原作の小説を読んでみたわけです。

ざっくりドラマのキャストが頭にうかんでいたので勝手にストーリーを想像していたのですが、全然違う方向のものでした。(あたりまえだ!笑)

どちらかというと内省的で周囲の空気も読む、頭はいいのだけど自分に自信のない主人公。それでもそこそこ良い大学は出て希望の就職先ではなかったものの正社員として勤務している。

彼のコンプレックスをトレースして読んでいくと、男性社会の熾烈さが浮かび上がってくる気がしました。
女性よりも縦社会が顕著だからかな?

私はたぶんそういう場からかなり離れたところに身を置いているので、彼にはぜひ、「コーヒー好きで入れるのも上手、人にもそれが評価されている」という特性を生かしてカフェの主人にでもなって心静かに過ごしたらいかがかしら?と思いつつストーリーを追っていました。
(でも、やる気に満ちた男性はそういうのイヤかなぁ…)

張り巡らされた伏線が回収されて因果の流れが見えてしまったら、うわ~!っとなりました。
ヒントはそこかしこに出てたなぁ。

最終ページがすごすぎて、その先を想像するとかなりくるものもあるのですが、それでもあそこで物語を切り上げる作者のセンスは最高だなぁ!と思いました。

ドラマ版はどんな風に展開したのか逆に気になりますね。

 

主人公の深瀬和久には藤原竜也さん。
恋人役には戸田恵梨香さん。
深瀬の親友、広沢由樹には小池徹平さん。
深瀬の大学時代のゼミ仲間には市原隼人さん、玉森裕太さん、三浦貴大さん。
そしてドラマだけの登場人物、村井の妹には門脇麦さん。


深瀬の藤原竜也さんは演技力でやれると思いましたが、広沢はざっくりイメージだけだと市原隼人さんや三浦貴大さんのほうが近かったかなぁ。

ドラマを見ていた友人もいるのでいろいろ話を聞いてみたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 咲也の「本棚は今日も満杯」
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。