FC2ブログ

咲也

Author:咲也
女性
本屋さん大好きで長時間いても飽きません。
ゆえに危険(笑)
これから読む本がたくさん積んである休日前の夜は至福の時です♪
リンクフリーです。

プロフィール
おすすめリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,864 駆込み女と駆出し男

駆込み女と駆出し男 [DVD]




以前映画館の予告で、これは観たい!と思ったものの行けずじまいだった「駆込み女と駆出し男」が偶然BSで録画できていたのでラッキー!と思い観てみました。


◎内容◎
質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。
 鎌倉には離縁を求める女たちが駆込んでくる幕府公認の縁切寺、東慶寺があった。
但し、駆け込めばすぐに入れるわけじゃない。
門前で意思表示をした後に、まずは御用宿で聞き取り調査が行われるのだ。
 戯作者に憧れる見習い医者の信次郎は、そんな救いを求める女たちの身柄を預かる御用宿・柏屋に居候することに。
 知れば知るほど女たちの別れの事情はさまざま。
 柏屋の主人・源兵衛と共に離婚調停人よろしく、口八丁手八丁、奇抜なアイデアと戦術で男と女のもつれた糸を解き放ち、
ワケあり女たちの人生再出発を手助けしていくが、ある日、二人の女が東慶寺に駆け込んできて…。


◎キャスト◎
大泉 洋/戸田恵梨香/満島ひかり
樹木希林/堤 真一/山﨑 努
内山理名/陽月 華/キムラ緑子/木場勝己/神野三鈴/武田真治
北村有起哉/橋本じゅん/山崎 一/麿 赤兒/中村嘉葎雄 他


芸達者なキャスト揃いで構成も練られているし、劇作家の井上ひさし原案というだけあって綺麗ごとだけでは済ませない凄味のようなものも感じられる、大人な時代劇であります。
演劇の舞台で観て好きだなぁと思う俳優さんが多く出演しているのもうれしい。

駆け込み寺ってこういうシステムだったのかぁとリアルに感じられるのも興味深かったし、当時の女性の意地の通し方や人権についてなどを目の当りにするようで、しみじみしてしまいました。

医学と戯作者をからめて描いているのも当時の医療レベルや江戸風俗がよくわかっておもしろかったです。

それぞれのキャラクターの見せ場もあって観終わるとほっこり&スカッとします。

何かDVDでも観ようかなぁと思ったときの選択肢の1つとして、ぜひ!

スポンサーサイト

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 咲也の「本棚は今日も満杯」
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。