FC2ブログ

咲也

Author:咲也
女性
本屋さん大好きで長時間いても飽きません。
ゆえに危険(笑)
これから読む本がたくさん積んである休日前の夜は至福の時です♪
リンクフリーです。

プロフィール
おすすめリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
No, スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No,852 応天の門 6

応天の門 6 (BUNCH COMICS)




梅の季節ですね。
今年は水戸の偕楽園に行ってみたいな~と思っているのですが(ブラタモリで観てテンション上がりました~笑)果たして!?

梅といえば菅原道真公を思い出しますが、そういえば道真さんの出てくるマンガ「応天の門」6巻読んだな~と感想行ってみます。


「魂鎮めの祭」からしばらくして起こった港での殺人変死事件。
事件を調べる道真と業平は、そこにかかわるひとりの唐人が市井の商人・昭姫と縁のある人物と知りー!?


飛鳥時代から平安初期にかけての十二単になる前の大陸風の装束が昔から好きで(唐の時代も好きだ~)、唐渡りの商人、昭姫さんは気性も好みで出てくるとうれしいキャラです。
今回昭姫の過去を知る人物が事件にからみ、彼女の過去もあきらかになりました。

唐も出世と権力闘争は大変だったんでしょうねぇ…。

学校の漢詩の授業で李白や杜甫の詩を暗唱しながらキレイな景色をぼんやり想像してたなぁ、と思いだしましたよ。(暗誦、課題でしたよね)
どっちかといえば辺境好きだったんですけども(敦煌とか今も行ってみたいなぁ)

なので、道真さんの唐への憧れの気持ちはよくわかります!(多分何十分の一とかだろうけど…)

道真の師匠でもある島田忠臣の暗黒面のはじまりも幼少期の道真とともに描かれました。
この人の動きいかんで今後の道真と業平の行く末も変わっていくのかなぁ、と要注意な人物です。気になる。

源氏物語の光源氏のモデルにもなったと言われる源融(とおる)さんも今回は庭道楽でコミカルな面も見られて楽しゅうございました。

キャラクターも続々増えてきて、次巻も楽しみであります。

スポンサーサイト

コメントの投稿









トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 咲也の「本棚は今日も満杯」
Design & Material: hacca*days
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。